望月涼太(九州共立大)がかわいそう。これからは社会人野球か?

今回は、望月涼太さんについて紹介していきます!

望月涼太さんは、ドラフト会議特番に登場していた。

 

だが、ドラフトでは名前が呼ばれることがなかった。

 

ドラフトは、プロ野球選手を目指している人だったら誰しも選ばれなかったら悔しい思いをするだろう。

今回の望月涼太さんの場合は、他の選手以上に思いがつまっていた。

 

その望月涼太さんについてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

 

望月涼太(九州共立大)がかわいそう。

きっと、望月涼太さんの「ドラフト会議特番」のテレビを見てみんなが思ったのではないだろうか。

 

「望月涼太くんがかわいそう」と。

 

望月涼太くんのプロ野球選手を目指すストーリーが壮絶なものだった。

父親のあまりのアツすぎる応援で、家庭が崩壊しそうになりかけたと。

 

望月涼太くんが「プロ野球選手になりたい!!」という気持ちを感じ、

父親が、望月涼太くんを全力で応援することはわかる。

 

だが、その全力で応援することの度合いが強すぎる。

あの有名選手「イチロー」の父親もかなり小さい頃からサポートをしていたという。

 

だけど、その全力のサポートも子供によっては「とてつもないプレッシャー」になってしまうと思う。

 

今回の望月涼太くんの父親は「借金をしてまで、子供を応援し仕事をしない」

それは、異常すぎる。

 

きっと、いい選手とか、賢い子供が育つのは「家庭環境」も大事だと感じる。

だって、子供は親のことを見て、親の愛を感じ「育っていく」

 

それなのにも関わらず、望月涼太くんの家庭は崩壊状態。

父親は「借金」は子供がプロ野球選手になったら返せる。とでも思っているような行動をとってしまって、

 

望月涼太くん自身に「プレッシャー」を与えている。

あまりにもかわいそうだ。

 

スポンサードリンク

 

 

これからは社会人野球か?

望月涼太くんはこれからはどうするのか?と気になるところ。

「ドラフト会議特番」での古田が優しい言葉をかけていた。

 

「社会人野球からプロを目指してかんばって。」と。

この言葉も優しいような、あまりにも無責任のような気もする。

 

プロ野球選手になれても「厳しい」と言うことが分かっている。

古田さんの言葉で「野球を続ける」と言うのは、想像ができる。

 

きっと、望月涼太くんは社会人野球からプロを目指すのかもしれない。

 

スポンサードリンク