宮城県七ケ宿町稲子に住む佐藤富世司の顔画像は?なんで限界集落に住むのか??

スポンサードリンク

 

今回は、限界集落に住んでいる佐藤富世司さんについて紹介していきます!

なんで?限界集落に住み続けているのか??と気になるところですし。

 

他にも、限界集落の現状はどうなっているのか??ということを調べてみました。

 

宮城県七ケ宿町稲子に住む佐藤富世司さん

仙台藩の藩境警備に由来する山中の集落で「超限界集落」化が進んでいた宮城県七ケ宿町稲子(いねご)の住人が、1世帯1人だけになった。

昨年は3世帯4人が暮らしたが、高齢の3人が今年、相次いで町中心部の特別養護老人ホームに入居。残る1人も冬の間は山を下り、無人となる。

「超限界集落」ついに1世帯1人に 高齢者相次ぎ特養へ (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

スポンサードリンク

 

 

宮城県七ケ宿町稲子の限界集落に住む理由は?ネットの反応は??

コメント▼

特養に入られた方の氏名や年齢まで公表する必要は無いと思います。

自立した生活ができるのであれば町営住宅などに入居するでしょうから、特養に入らないといけないということは自立した生活が送れないということでしょう。
そんなことを人に知られたくないはずです。
私なら嫌です。

今はネットでニュースや情報があっという間に広がります。
犯罪者でない限り、実名での報道はもっと慎重にされるよう配慮して欲しいです。

 

コメント▼

田舎に住んでたからわかるんだけど、今の世の中、年を取った方が田舎暮らしは辛い。
病院やスーパーに行くにも車が無いと行くこともできないし、逆に若い時の方が田舎暮らしは良いと思うんだけど、仕事が少ないから移転も出来ないというジレンマ

 

コメント▼

こういう記事を読むとやはり首都機能の分散化や道州制なんて言葉を考えてしまいます

国内の全ての地域が都会になればいいとは言いませんが、国土面積を考えると、あまりにも僻地が多すぎますよ、日本は

 

コメント▼

仕事がなければ生活出来ないし、若い人が離れてしまうのは仕方ないですよね、、

 

コメント▼

集落の住民は高齢者多いから
今後こんな感じの集落どんどん増えるぞ。
その為に掛かるコストを自治体はどうやって捻出する?

 

コメント▼

公共インフラ整備費用が無用になる。
市街地に集結する時代が来る。

 

スポンサードリンク